2014年08月24日

ペルーの山行き(02)

2014年7月12日(土) リマ⇒バランカ海岸(0m)⇒コノコーチャ峠(4050m)⇒チキアン(3400m)

現地7/12()800過ぎ(日本時間7/12()2200)に迎えのバスで出発。 空港周辺は綺麗だったが、幹線道路は凄い渋滞だった。 片側3車線から4車線程の広い道路だが車の量が多すぎるのと、殆どの車が割り込みやら急加速などで、冷や冷やした。 後から知ったのだが、ペルー自体がテロ活動が激しい時期があり、今も、場所によっては可なり危険場所もあるそうだ。 何ヶ処も警察の検問所があり、其の度に、チェックを受けていた。 大型のバスやトラックなどは、ベンツが多かった。 小型車は、欧米のほか日本車も多かった。 トヨタ、日産、三菱、スズキが目立っていた。 バイクを改造した簡易タクシーが多く走っていた。 あまり道路交通法などは、厳しく無いようで、スピード取締などは、お目にかかれなかった。 バイクもヘルメットを被らなくてもOKの様だ。 車検も無いようでボロボロの車が現役で走っていた。 道路は、所々に段差が設けれれていて、車のスピードを抑える工夫が施されていた。 郊外に近づくと、貧困層と思われる住宅街が沢山見られるようになり、工事中の建物ばかりだった。 なんでも工事中の未完成の建物には免税されるそうで、鉄筋などを突き出した状態にしていた。 雨風が激しくないと思われ、屋根や壁が粗末だった。 戸締りだけはしっかりしていて、南京錠がドアに目立っていた。 以前は、ゴミも道路脇などに沢山見られたようだが、最近は良くなったそうだ。 でも、日本と比べると、埃っぽく、みすぼらしく、ごみっぽく感じた。 この季節、南半球に位置するペルーは、冬にあたり、リマや沿岸部では5 10月、ガルーアという、霧が発生しやすく、山岳地域(クスコ)は、乾期(4月〜10)にあたり、天気が安定し登山適期だそうだ。


nanbei2014_0009.jpg
宿泊したホテルから出発。
posted by 西さん at 12:46| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ペルーの山行き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック