2007年07月18日

「ヒマラヤを駆け抜けた男」

「ヒマラヤを駆け抜けた男〜山田昇の青春譜」佐瀬稔:著、中公文庫、1997年6月18日発行
7/18(水)の心に残った一節
第六章 破局

 ヒマラヤに行ったら、そこに住む人と同じものを食う。同じ言葉で話す、そのやり方でずっと通してきた。旅行者の気分は最初からない。遠いところから、この国の山を登らせてもらいにやってきた。ならば、その国の生活に敬意を表する、同じようにやるのは当然。第一、そうでなければなんでヒマラヤにくる必要があるのか。ごく自然にそう考え、ふるまってきたのだ。
 山だけのためにヒマラヤにくるのではない。山の麓には人々が住んでいる、そこから出てそこに生きて帰ってくる。もう一度、親しげにほほえみ合い、話し合う。それこそが、このヒマラヤ主義者にとって無上の喜びだったのだ。


posted by 西さん at 21:28| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。